書評

『Number』似て非なる名将 落合博満と野村克也

ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。
日頃は、ビジネス契約書専門(特にIT系に強い)の行政書士として、中小・ベンチャー企業様の成長発展のお手伝いをさせていただく傍ら、埼玉県川口市にあるコミュニティFM局、FM Kawaguchiにて『ちょいワルMonday』という番組(毎月第2、第4月曜日19:00~生放送)の構成作家兼パーソナリティとしての活動もさせていただいております。

ついこの前までの酷暑が嘘のように、朝晩はすっかり過ごしやすくなりました。
空模様はすっかり秋。

プロ野球シーズンも佳境へ。
私が贔屓にしている東京ヤクルトスワローズの「村神様」こと、村上宗隆選手の三冠王のみならず、シーズン最多ホームラン記録が生まれるか!といった大活躍もあり、毎日目が離せません。

先日、名古屋に行く用事があったのですが、居酒屋で隣に座ったドラゴンズファンと思しきグループが、「立浪監督の采配が~」「まあ来年だよねー」みたいな話がひとどおり終わるやいなや、そこからずっと「村神様」の話。
かれこれ、25年くらいヤクルトファンですが、自軍の選手が他チームのファンにこれだけネタにされているという経験ははじめてかもしれません。

その「村神様」が50号ホームランを打った頃から次は、野村克也氏と落合博満氏のシーズン52号ホームランの記録をいつ抜くのか?という話題がスポーツニュースを賑わせているタイミングで、雑誌『Number』でこのお二方の特集。

野村氏も落合氏も、著書を読み込むことはもとより、講演会に何度も足を運んでしまうくらい大好きなので、早速購入し、読み込んでしまいました。

ちなみに、本日現在の当ブログの一番人気の記事が2022年5月の落合氏の講演会に関する投稿。
経営や組織マネジメントに役立つ情報を中心に、ネタバレしない程度にまとめていますので、ぜひご覧ください!

今回の『Number』の特集で、一番興味深かったのが、
私は『嫌われた監督』をこう読んだ
のコーナー。

『嫌われた監督』について、若干補足すると、発端は『週刊文春』での特集。
落合博満氏のドラゴンズ監督就任~退任までのノンフィクション。
書籍としては史上初となるノンフィクション賞三冠を達成という凄い本。

「三冠王監督」のノンフィクションが、ノンフィクション賞の三冠というのも惹かれますね。

私が2021年に読んだ数々の本の中でも、ぶっちぎりに良かった本です。
『嫌われた監督』に関する私の感想・書評は、アメブロの方にまとめていますので、もしよろしければ読んでいただければ幸いです。(こちらのアメブロの契約書に関する投稿を現代風にリライトして、このブログにコツコツ移設するはずが…なかなか進まない…)

この『嫌われた監督』について、
・藤浪晋太郎氏(阪神タイガース投手)
・和田竜二氏(騎手)
・伊賀大介氏(スタイリスト)
・大谷ノブ彦氏(芸人)
・大根仁氏(映画監督)
・佐渡島庸平氏(経営者)
・万城目学氏(小説家)
の各著名人の感想・書評が実に興味深い!
各著名人の視点が全く異なり「こういうお立場の方はこういうところに着目するんだ」というところからの気づきがたくさんありました。

ちなみに…私の上記アメブロでの感想・書評は、藤浪晋太郎氏とほぼ同じ。藤浪投手に親近感が!

『嫌われた監督』についての感想・書評については、「契約書に強くなる!ラジオ」の方で音声配信もしております。(改めて聴き直してみると、感銘を受けた当時の記憶が生き生きと蘇ってきます)
「ながら」で聴けるのが音声配信の一番良いところですので、よろしければ、以下をクリックしてお聴きください。

これから、ますます秋深くなってきて、読書には最適の季節になりますね。
「積ん読本」が貯まりに貯まっているので、まずはこれをどうにかしていかないと…

このブログの読者の皆さんにオススメの書籍がありましたら、ご紹介したいと思っております。

最後まで、お読みくださりありがとうございました。

青春18きっぷの旅2022夏~天竜浜名湖鉄道前のページ

契約書の基礎とポイントセミナー次のページ

関連記事

  1. 書評

    『映画を早送りで観る人たち』稲田豊史(光文社新書)

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。日頃は、ビジネス契約書…

  2. 書評

    落合博満講演会2022(日本青年館ホール)

    ~「1+1=2」じゃなくて「=2」をどれだけ教えられるかが大事!…

  3. 書評

    『仕事の教科書』北野唯我(日本図書センター)

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。日頃は、ビジネス契約書…

  4. 書評

    個人情報保護法・プライバシーポリシー関連書籍

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。日頃は、ビジネス契約書…

  5. 書評

    『誰でもできるのに9割の人が気づいていない、お金の生み出し方』今井孝(幻冬舎)

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。日頃は、ビジネス契約書…

  6. 書評

    『三千円の使い方』原田ひ香(中公文庫)

    ~「他人は他人、自分は自分」と割り切れるか??ビジネス法務コ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご連絡先

行政書士大森法務事務所
home@omoripartners.com
048-814-1241
〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1-B1
▼契約書類作成
▼セミナー講師依頼
(契約書、ビジネス法務、コンプライアンス等)
▼台本作成
(研修動画、ナレーション、ラジオ番組等)

stand.fm「契約書に強くなる!ラジオ」【週2回(水・日)更新】

FM川口「ちょいワルMonday」【毎月第2第4月曜日19:00~生放送】

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP