FM川口ちょいワルMonday

放送後記(コラボweeeeeek2023年8月28日→9月1日)秘密保持契約書のキホン

ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。
ビジネス契約書専門の行政書士(特にIT&クリエイター系の契約書に強い)のほか、コミュニティFM局の構成作家兼パーソナリティとしての活動もさせていただいております。

FM川口の毎月第1金曜の人気番組・メタリックフライデーさんとの番組の枠を越えたコラボ企画。
番組外でパーソナリティ同士の交流があり、2021年頃~にわかに発生していた「何かコラボをやりたいね」とうぼんやりした話を、2022年6月27日(月)→同7月1日(金)で具現化しました。

その時の企画書的なものがこちら。

ちなみに、「コラボweeeeeek」の『weeeeeek』。
綴りが間違ってるのではなく、テーマソングのGReeeeNの『weeeek』になぞらえて、「e」がそれぞれの番組のパーソナリティをあらわしていて、メタリックフライデー3名+ちょいワルMonday3名=計6つの「e」といった次第です。
なお、この粋なネーミングは、FM川口の金谷DJの発案。

その後、
・第2回コラボweeeeeek 2022年11月28日(月)→同12月2日(金)

・第3回コラボweeeeeek 2023年2月27日(月)→同3月3日(金)

を経て、今回が4回目の開催。

今後も、年に3回くらいある「第4月曜日と第1金曜日が同一週にあるタイミング」で定期的に開催していく予定です(お楽しみに)。

こういったコラボ企画はコミュニティ局ならではのものかと思います。

当初の企画書的なものでは「人の往来はしない」とはしていたものの、その後のコロナ禍の落ち着きに伴い3回目からは往来を解禁したり、回を重ねる毎に発展しているので、こういったコラボ系は「なんとなく」の「ぼんやり」ではじめるのではなく、きちんと企画化しておくことの重要性を感じます。

今回のコラボweeeeeekの企画書的なものはこちら。

メタリックフライーでの「おやっさん」と私(「やっちゃん」)が番組を移動し、それぞれの手持ちのコーナーを行うことに。

さあ、どうなるか。

8月28日ちょいワルMondayアーカイブ

ちょいワルMondayでは「YouTube」(映像)と「stand.fm」(音声)にて、アーカイブを残しております。
生放送をお聴きになれなかった方、こちらをお試しください。

放送開始前に「ぶっつけ本番」で撮影している告知動画です。

放送終了後の動画です。

私は番組に出演せず、「構成作家」の一刀流で参画しました。
いつものパーソナリティとの二刀流よりも、他のメンバーがマイクの前で楽しそうに話したり、リスナーの皆さんの皆さんと交流している姿を眺めている時間が至福で、やっぱり、表舞台よりも裏方の方が性分に合っているんだなーと感じました。

9月1日メタリックフライデーアーカイブ

9月1日のメタリックフライデーについては、「stand.fm」(音声)にて、アーカイブを残しております。
生放送をお聴きになれなかった方、こちらをお試しください。

放送開始前に「ぶっつけ本番」で撮影している告知動画です。
こちら、FM川口の金谷DJ撮影。
いつもと違って緊張感からか?何となく顔が引きつってるようなw

放送中のようす。
9月1日はFM川口の開局記念日!ということで、ブースの外にいらっしゃったまりちゃん先生こと中本DJ撮影。

メタリックフライデーは「町工場応援番組」ということで、本業の「契約書の専門家」として、町工場の皆さんが見逃しがちな「秘密保持契約書」の基礎的なチェックポイントについて、解説させていただきました。

台本はこちら。

2023/9/1放送 ちょいワルキーワード
秘密保持契約〜町工場の皆さんに「これだけは」お伝えしたい契約書の大事なこと

【大前提】「契約=ビジネス上の約束事」は絶対に守らなければならない

▼契約書に書いてあることができない、守られていない→相手に発生した損害を「穴埋め」する義務(損害賠償義務)
▼(とりわけBtoBに関しては)ハンコを押す前に契約書をよく読んで「ちゃんと守ることができるか」をきちんと確認する必要がある
▼いいモノを作っていても、契約条件で搾り取られてしまっては…

【秘密保持契約書】

▼町工場の皆さんにとっては、新販路開拓、下請脱却(のための商品開発)、同業・異業種とのコラボ、M&A…等々、幅広いシーンで取り交わす可能性がある
▼SNS投稿などを見ると、ちょっと間違って理解されているかも??と感じることがあるので、注意
▼別名「NDA」(Non-Disclosure Agreement)
▼一般用語になりつつある。「NDA」という言い方を覚えておいて、秘密保持契約書を取り交わすシーンになったら、「あ、NDAですね!」とサラッと言ってみる
▼ 最初から「契約書についてそれなりに詳しいんだぞ」と思わせることが商談を優位に運ぶ上で重要(最初から舐められると不利な契約を押しつけられる。ハッタリでも後で確認すれば良い。NDAに限らず)

【秘密保持契約書が他の取引契約書(モノを買う、家を借りる、お金を借りる…等々)と決定的に違うところ(他の取引契約書には書いてあるけど、NDAには書いてないもの)は何ですか??】
▼お互いにやりとした『秘密情報』はお口チャック!
▼『取引』(おカネの絡むこと)が約束されているわけではない!!

【本契約における「秘密情報」とは、甲又は乙が相手方に開示し、かつ開示の際に秘密である旨明示した技術上又は営業上の情報、本契約の存在・内容その他一切の情報をいう。】
▼「ある会社とNDAを取り交わした」という事実自体もお口チャック
▼SNSで「とある会社とNDAを交わしました!(写真)」みたいな投稿をしばしば
▼その後、定点観測してみると、「とある会社」との関係が進捗したとは思えない
▼プライベートに置き換えても、口が軽い人に、人生相談するか?
▼NDA=「その場のノリ」から一歩踏み込んで、その後の「真剣交際」に進んで良いのか見極める際に取り交わす契約書
▼「お口チャック」といっても、人によって捉え方が違う(チャックすべき情報の内容、範囲、期間)ので、契約書で言語化し、明確にする
▼例:NDA=会社対会社の契約→「関係者」にしか開示してはダメ(朝礼などで全員に言うのはNG)
▼口が軽いと、新販路開拓、下請脱却(のための商品開発)、同業・異業種とのコラボ、M&A…が進まない、つまりは会社が発展しない
▼おカネよりも重要な『信用』が試されている契約書なので、取り交わす際には、緊張感をもって読み込む、ハンコを押す

参考雛形。

秘密保持契約書

株式会社メタリックフライデー(以下「甲」という。)とちょいワルMonday株式会社(以下「乙」という。)とは、甲乙間における協業(「コラボweeeeeek」)の検討、準備及び実施に関して、甲又は乙が相手方に開示する秘密情報の取扱いについて、以下のとおりの秘密保持契約(以下「本契約」という。)を締結する。

第1条(秘密情報)

本契約における「秘密情報」とは、甲又は乙が相手方に開示し、かつ開示の際に秘密である旨明示した技術上又は営業上の情報、本契約の存在・内容その他一切の情報をいう。ただし、開示を受けた当事者が書面によってその根拠を立証できる場合に限り、以下の情報は秘密情報の対象外とするものとする。

  • 1)開示を受けたときに既に保有していた情報
  • 2)開示を受けた後、秘密保持義務を負うことなく第三者から正当に入手した情報
  • 3)開示を受けた後、相手方から開示を受けた情報に関係なく独自に取得し、又は創出した情報
  • 4)開示を受けたときに既に公知であった情報
  • 5)開示を受けた後、自己の責めに帰し得ない事由により公知となった情報

第2条(秘密情報等の取扱い)

1.甲又は乙は、相手方から開示を受けた秘密情報及び秘密情報を含む記録媒体若しくは物件(以下「秘密情報等」という。)の取扱いについて、次の各号に定める事項を遵守するものとする。

  • 1)情報取扱管理者を定め、相手方から開示された秘密情報等を、善良なる管理者としての注意義務をもって厳重に保管・管理する。
  • 2)秘密情報等は、本契約において定めた目的以外には使用しないものとする。
  • 3)秘密情報等を複製する場合には、必要不可欠の場合に限って行うものとし、その複製物は原本と同等の保管・管理をする。

2.甲又は乙は、次項に定める場合を除き、秘密情報等を第三者に開示する場合には、書面により相手方の事前承諾を得なければならない。この場合、甲又は乙は、当該第三者との間で本契約書と同等の義務を負わせ、これを遵守させる義務を負うものとする。

3.甲又は乙は、法令により秘密情報等の開示が義務づけられた場合には、事前に相手方に通知し、開示につき可能な限り相手方の指示に従うものとする。

第3条(返還義務等)

1.本契約に基づき相手方から開示を受けた秘密情報を含む記録媒体、物件及びその複製物(以下「記録媒体等」という。)は、不要となった場合又は相手方の請求がある場合には、直ちに相手方に返還するものとする。

2.前項に定める場合において、秘密情報が自己の記録媒体等に含まれているときは、当該秘密情報を消去するとともに、消去した旨(自己の記録媒体等に秘密情報が含まれていないときは、その旨)、相手方に書面にて報告するものとする。

第4条(損害賠償等)

甲又は乙、甲又は乙の従業者若しくは元従業者又は第2条第2項で定める者が相手方の秘密情報等を開示するなど本契約の条項に違反した場合には、甲又は乙は、相手方が必要と認める措置を直ちに講ずるとともに、その損害を賠償しなければならない。

第5条(有効期限)

本契約の有効期限は、本契約の締結日から起算し、満1年間とする。期間満了後の3ヵ月前までに甲又は乙のいずれからも相手方に対する通知がなければ、本契約は同一条件でさらに1年間継続するものとし、以後も同様とする。

第6条(協議事項)

本契約に定めのない事項又は本契約について疑義が生じた場合については、協議の上解決する。

第7条(管轄)

本契約に関する紛争については、さいたま地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする。

本契約締結の証として、本書を2通作成し、両者署名又は記名捺印の上、各自1通を保有する。

2023年9月1日

甲:埼玉県川口市末広●丁目●番●号
メタリックフライデー株式会社
代表取締役大明神 カルロス

乙:埼玉県川口市末広●丁目●番●号
株式会社ちょいワルMonday
代表取締役村長 しーたけ ㊞

本業(契約書の専門家)としてのポジションで、FM川口でお話しするのは実は初!!(他局ではあり)
同じ「契約書のことを話す」でも、セミナーとは違って、ラジオはスライドが使えず音声のみ。
これが非常に難しい!!(よろしければ試行錯誤ぶりを上記stand.fmでお聴きください)

話は少し逸れますが、ちょいワルMondayをはじめたきっかけの一つとして「セミナー講師としての行き詰まり」がありました。

「講師の私としては一生懸命お伝えしているつもりでも、どうも受講生の皆さんに届いていない」という違和感を覚えていて、どうにかしないと詰むぞと思っていたところ、ラジオ番組の話が舞い込んできました

それがコロナ禍初期と重なり、セミナーの実施方法が会場から急激にオンラインに置き換わる中で、「ラジオ的な伝え方」を体得することがもしかしたら、「行き詰まり」を乗り越えるヒントになるのではないか?と思うようになり、リスキリングも兼ねてラジオパーソナリティとしての活動を行ってきました。

まだまだラジオについて語れる身分ではないことは承知しつつも、「音声のみ」というシンプルゆえに難しいメディアでの活動を通して、一つ言えることは「情報は少ない方が伝わる」ということ。

とりわけ「契約書」に関することは、普通の方々にとっては「外国語を聞いてるような感覚」なのだろうと思います。
専門家としてはあれやこれやと一から十まで隈なくお伝えするのが「良い」と思っているのですが、聞いている方々の立場からすると、消化不良となってしまい、結果的にほとんど伝わらないのではないか?
「こんな小出しでいいのか?」くらいの範囲にして、深く潜るように話していく方が、伝わる可能性が高い。
これはラジオパーソナリティとして、マイクの前で話してみて自分なりに体得したことです。

「情報は少ない方が伝わる」はラジオだけではなく、セミナーも同じで、講師の仕事をさせていただく際には、情報量を絞り研ぎ澄ませ、その代わりにスライドに書かれていない具体例を多くお話しするようにしています。
少なくとも、ラジオパーソナリティをはじめる前に感じていた「行き詰まり」は覚えず、セミナー中も受講生の皆さんの目の輝きが見て取れ、セミナー終了後のアンケートの自由記述欄の記載を拝読すると「言いたいことが伝わっているなー」と手応えを感じてきています。

セミナー講師に限らず、日頃の打合せ、とりわけ接する情報量が桁違いに多い経営者の方々には、「情報量を絞り研ぎ澄ませる」ことだけでも喜んでいただけるので、「ラジオ的な伝え方」を学んで本当に良かったと思っています。

付け加えるとすれば、時間当たりの伝えられる情報量が少ない分、「想い」や「熱量」はラジオの方が伝わるんじゃないかと思うこともあります。ただ、リスナーの皆さんとの関係性の構築が前提ではありますが(これが時間がかかる)。
そういった意味で、局を代表するDJであるまりちゃん先生こと中本さんに番組開始当初から関わっていただけているのは、ラッキーで有難いことだと感じています。

その他、事前に金谷DJからいただいていた質問に対する返答がこちら。

ともかく、ラジオパーソナリティとしての活動を通じて仲間たち(リスナーの皆さん、しーたけ村長&まりちゃん先生、メタリックフライデーの皆さん、FM川口のスタッフの皆さん)には感謝!!そう感じ入った今回のコラボweeeeeekでした。

【ちょいワルMonday】メッセージの宛先

メール:pg@fm856.co.jp
X(旧Twitter):#ハピネス856

【ちょいワルMonday】の聴き方

ちょいワルMondayは「放送と通信の融合」で次の3つのチャネルでお届けしております。
FM電波:85.6MHz(埼玉県川口市)
インターネット放送:FM川口ホームページより(世界中どこからでも)
stand.fm(音声配信アプリ):ちょいワルMonday(世界中どこからでも)

最後まで、お読みくださりありがとうございました。

「契約書に強くなる!ラジオ」2023年10月前のページ

放送後記(ちょいワルMonday2023年9月11日)チャッター(頭のなかのひとりごと)次のページ

関連記事

  1. FM川口ちょいワルMonday

    『汚れつちまつた悲しみに…… 』中原中也詩集 (角川文庫)

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。ビジネス契約書専門の行…

  2. FM川口ちょいワルMonday

    放送後記(ちょいワルMonday2023年10月9日)

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。ビジネス契約書…

  3. FM川口ちょいワルMonday

    放送後記(ちょいワルMonday2023年5月22日)

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。ビジネス契約書専門の行…

  4. FM川口ちょいワルMonday

    放送後記(ちょいワルMonday2023年8月14日)

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。ビジネス契約書専門の行…

  5. FM川口ちょいワルMonday

    放送後記(ちょいワルMonday2023年6月26日)

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。ビジネス契約書専門の行…

  6. FM川口ちょいワルMonday

    放送後記(ちょいワルMonday2023年4月24日)

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。ビジネス契約書専門の行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご連絡先

行政書士大森法務事務所
home@omoripartners.com
048-814-1241
〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1-B1
▼契約書類作成
▼セミナー講師依頼
(契約書、ビジネス法務、コンプライアンス等)
▼台本作成
(研修動画、ナレーション、ラジオ番組等)

stand.fm「契約書に強くなる!ラジオ」【週2回(水・日)更新】

FM川口「ちょいワルMonday」【毎月第2第4月曜日19:00~生放送】

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP