契約書

「契約書に強くなる!」シリーズ

~テキストと音声で契約書などに関するお役立ち情報を発信中!

日頃は、ビジネス契約書専門(特にIT系に強い)の行政書士として、中小・ベンチャー企業様の成長発展のお手伝いをさせていただく傍ら、埼玉県川口市にあるコミュニティFM局、FM Kawaguchiにて『ちょいワルMonday』という番組(毎月第2、第4月曜日19:00~生放送)の構成作家兼パーソナリティとしての活動もさせていただいております。

1.「契約書に強くなる!」の想い

このブログの右側(→)のバナーにもあります通り、「契約書に強くなる!」シリーズの一環で、『契約書に強くなる!ラジオ』というチャンネルを音声配信アプリのstand.fmに開設して、2021年9月頃より、コツコツと「番組制作」しております。

「契約書に強くなる!」は、私自身が、契約書の専門家としてご相談様や、あるいはセミナー講師として受講生様と向き合う際に、よく「契約書に強くなりたいんです!」とのお話を伺います。
そこで、まだまだ微力であることを承知で、企業の法務担当として、そして行政書士として、契約書に関する仕事を20年以上続けてきた経験の蓄積からの「契約書に強くなるための私なりの知識や方法論」をテキストや音声で発信することで、どなたかのお役に立てれば!という想いから、このようなタイトルとしております。
お付き合いいただければ幸いです。

2.契約書に関する音声配信をする「わけ」

『契約書に強くなる!ラジオ』
こちらをはじめようと考えたのは、コロナ禍がはじまった2020年春以降、講師を担当させていただいている契約書やコンプライアンスなどのセミナー・研修が、対面(リアル)形式からオンライン形式に置き換わっていったのがきっかけです。

対面(リアル)形式では、講義中や休憩中、そして講義終了後に、気軽に質問していただき、それに分かりやすく回答する、これを私なりの講師業の「ウリ」にしていました。

これがオンラインに変わりますと、講義中にチャットでご質問をいただくものの、休憩中や講義終了後も対面の時のように、「画面上」にいるようにして「いつでもご質問どうぞ」と呼びかけるものの、なかなかご質問をいただけず…

確かに、契約書(とその周辺)は、企業秘密の塊ですから、デリケートかつセンシティブな内容が含まれ、他の受講生の衆目の中で質問するというのは難しいものなのだろうと。

とはいえ、「ちょっと質問したい」というニーズは絶対にあるわけで、どうにかならないかなーと思いあぐねていたところ、
「そうだ、コミュニティFM局での番組づくりの経験を活かして、音声配信サイトによくご質問いただくことをまとめておけばいいんだ!」
と思いつき、はじめたものです(もちろん、個別具体的な事項はテイストを失わない範囲で抽象化したうえで)。

オンラインセミナーの講義中にこの『契約書に強くなる!ラジオ』のことをお伝えすると、直後のアクセス数が結構増えますので、微力ながら受講生様のお役に立っているのかな、と。
また、主催者様から「素晴らしい取り組みですね」と仰っていただくことも多く、有難いことです。

直近では、SAITAMAオンライン起業塾の1コマ
「契約書の基礎知識
 ~起業時に起こりやすい契約書トラブル/契約書の基礎について解説します」

の講師を担当させていただきます。

コミュニティFM局での番組づくりのことは、このブログの「ラジオ番組のつくり方」というカテゴリーにまとめていきますので、ご参照ください。

3.stand.fmの「わけ」

音声配信コンテンツの制作に際して、参照したのはこちらの2冊。

はじめに読んだのが『ボイステック革命』。
有名人が次々とチャンネルを開設し、「ここでしか聴けない」貴重な情報の発信源となっているVoicy。
その創業者の緒方さんの著書。
音声配信の無限の可能性に胸がビンビン。
この本に刺激され、Voicyパーソナリティに申し込むものの、採用されず(苦)。採用される気配もなし。でもまだまだ諦めていないw

ハードルが高いところにチャレンジし続けるのもいいけど、オンラインセミナーでの付加価値(よくある質問が音声配信サイトにまとまっている)という目的を達成するためには、まずすぐはじめられるプラットフォームでやってみようと思い手に取ったのが『いちばんやさしい音声配信ビジネスの教本』。

この本には、各プラットフォームの良いところ、悪いところ、強い部分、悪い部分がまとまっていて、とても参考になりました。
あと、番組制作のしかた~続け方、あとはマイクなどの機材のことまで、痒いところについての具体的記載が多く、音声配信をはじめるハードルを下げてくれる本です。
「(時代に乗って)音声配信やってみたいな!」と思われた方が、最初に読む本としてオススメします。

stand.fmを選んだのは、一言で言って勘w(としか言いようがない)。
あとは、ネーミングに「fm」が入っていて、ラジオっぽくて素敵w

これを真面目な話にすれば、「音声配信を気軽にもっと楽しく」の理念に共感したのと、収録から配信までの一連の作業がとても簡単。BGMも豊富(といっても、特定のものしか使わないが…)
あとは、YouTubeのように再生回数がリスナーさんに開示されないところ。
「数を稼ぐための配信」があまりないからか?とても雰囲気が良く、おそらく、このままstand.fmを使わせていただくことになるのかなあと考えております。

https://lp.stand.fm/features.html

近ごろは、stand.fmにおいて、当初弱いとされていた収益化の部分がかなり強化され、次々とプログラムがリリースされてきていますので、音声配信の世界は日進月歩だなと感じます。

収益化は課題ではあるものの、今のところは音声配信単独ではするつもりはありませんが。

『契約書に強くなる!ラジオ』は紆余曲折の上、
・毎週水曜日:収録放送で契約書に関する豆知識や契約書づくりのスキルを配信
・毎週日曜日:朝7:00頃~雑談やニュースの解説をLIVE配信
で、週2回リスナーの皆さんにお届けしております。

今後は、日曜日のLIVE配信を、「契約書に関すること」で、リスナーさんからご質問いただいたり、それに私がお答えしたり、別の方からはアドバイスをいただいたり、といった番組にしていければなーと考えています。
stand.fmのLIVE配信のチャット機能はとても優秀です。

こんな雰囲気でLIVE配信しております。アーカイブを残しておりますので、お手すきでお聴きいただければ、とても嬉しいです。

4.音声解説

上記については、stand.fm「契約書に強くなる!ラジオ」にて音声で解説しております。
テキストでは中々残せないことにつきましても、カジュアルに話せるのが音声配信の良いところだと感じております。こちらもご参照いただければ幸いです。

5.さいごに

「契約書に強くなる!」シリーズは、上記のような意気込みで、テキストと音声でお届けしております。
ブログもラジオも、読者・リスナーの皆さんとご一緒にコンテンツを作っていければと思っております。
メール(home@omoripartners.com)、あるいはTwitter、Facebook、InstagramのDMより、おたより・ご質問をドシドシお寄せいただければ幸いです。私のアカウントは、右上のプロフィールの各SNSのアイコンをクリックしてください(フォロー、友達申請大歓迎です!!)

最後まで、お読みくださりありがとうございました。

『三省堂国語辞典』『ことば選び実用辞典』前のページ

落合博満講演会2022(日本青年館ホール)次のページ

関連記事

  1. 契約書

    「この限りでない」は難しい

    ビジネス法務コーディネーター®大森靖之です。日頃は、ビジネス契約書専…

  2. 契約書

    「他社との提携」と契約書

    ビジネス法務コーディネーター®大森靖之です。日頃は、ビジネス契約書専…

  3. 契約書

    パートナーシップ(連携・コラボ)と契約書

    ビジネス法務コーディネーター®大森靖之です。日頃は、ビジネス契約書専…

  4. 契約書

    契約書って、です・ます調でよい?縦書きじゃないとダメなの??

    ~自由に選んで良い文体・書式ビジネス法務コーディネーター®大…

  5. 契約書

    タイトルを「覚書」にすれば効力薄い??

    ~「契約書>覚書」は都市伝説!知らないと大損することもビジネ…

  6. 契約書

    自分で商売するなら契約知識は必須!

    ~「いい勉強」にキャリア・お金の無駄遣いをしないためにビジネ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご連絡先

行政書士大森法務事務所
home@omoripartners.com
048-814-1241
〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1-B1
▼契約書類作成
▼セミナー講師依頼
(契約書、ビジネス法務、コンプライアンス等)
▼台本作成
(研修動画、ナレーション、ラジオ番組等)

stand.fm「契約書に強くなる!ラジオ」【週2回(水・日)更新】

FM川口「ちょいワルMonday」【毎月第2第4月曜日19:00~生放送】

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP