書評

『自分の親に読んでほしかった本』フィリッパ・ペリー(日本経済新聞出版)

ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。
ビジネス契約書専門の行政書士(特にIT&クリエイター系の契約書に強い)のほか、コミュニティFM局の構成作家兼パーソナリティとしての活動もさせていただいております。

自分の親に読んでほしかった本』フィリッパ・ペリー(日本経済新聞出版)

書店でタイトルを見て、ドキッとして、即買いした本。

私自身も小学生の娘の父。
子どもとのコミュニケーションをとる際、ふと「(私の)親の言っていたことと似ているな」と感じることも。
冷静に振り返ってみると、(私の)親から言われて嫌だったことを平気で言っていて、反省することも多々。
そんな中、出会った本。

冒頭の次の一説にさらにドキッ。
「子どもは、親が言うとおりのことをしない。親がするとおりにする」
この決まり文句が『本当だ』という立場から論が展開されていきます。

著者は、イギリスの心理療法士、フィリッパ・ペリー氏。
帯には「テレビ番組やラジオ番組の司会をこなし、BBCラジオやチャンネル4でドキュメンタリー番組を手がける」ともあり、多彩な方のよう。

本書で、とりわけ「なるほど」と感じたのは以下の箇所。

・子どもへの決めつけをやめて、自分の気持ちを明示する
・あなたの決断が事実にもとづいているようなふりをしない。実際にはあなたの感情や好みにもとづいているのだから
・親子は敵ではないのだということを忘れない
・支配するより、協力して、意見を出しあう
・誠実さの欠如は断絶を生む。あなたが誠実になることで関係は修復できる
・子どもは自分がされたことをする

自分の親に読んでほしかった本』p.316

とりわけ1項目目「子どもへの決めつけをやめて、自分の気持ちを明示する」
・ウソをついたり
・隠し事をしたり
・オブラートに包んだモノの言い方をしたり
・「世間的にはこうあるべきだ!」等々のべき論で責めたり
・喧嘩越しに一方的に怒ったり

ではなく、自分の『気持ち』を素直に性格に『明示』するところがコミュニケーションのスタート。
そこから『協力関係』を築きつつ、物事を前に進めていくという考え方。

これは、子どもとの関係に限らず、すべての人間関係に応用できそうです。

その他、海外の本ながら、子育てに限らず、人間関係や対人コミュニケーションに悩まれている方のヒントになるようなことが分かりやすく書かれている一冊でした。

上記のほか、『自分の親に読んでほしかった本』フィリッパ・ペリー(日本経済新聞出版)に関するざっくばらんな感想は、音声配信「契約書に強くなるラジオ」でお話ししております。

▽音声をお聴きになるには、以下をクリックください(音声配信アプリstand.fmへ)。

契約書に強くなる!ラジオとは?

ラジオは、お仕事や家事、移動中の『ながら』『ついで』に新しい知識を得られたり、クスッとしたり、日頃忙しい皆さまにとって、とてもやさしいメディアです。
『良い契約』を取るためにはちょっとしたコツがあります!
それらの豆知識を、セミナー講師をつとめる際によくご質問をいただく項目を中心に、『やさしく』『わかりやすく』をモットーに、リスナーの皆さんの顔を思い浮かべながら、マイクに向かって心を込めてお話ししています。
▼水曜:契約書に関連してよく質問をいただく項目を中心に収録配信
▼日曜:朝7:00〜30分程度、最近読んだ本の紹介、時事についての雑談など

最後まで、お読みくださりありがとうございました。

小田急線の登戸駅→向ヶ丘遊園駅での浦島太郎体験前のページ

放送後記(ちょいワルMonday2024年6月10日)ジャーネーの法則/時よ止まれ次のページ

関連記事

  1. 書評

    『オペレーションZ』真山仁(新潮文庫)

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。日頃は、ビジネス契約書…

  2. FM川口ちょいワルMonday

    『汚れつちまつた悲しみに…… 』中原中也詩集 (角川文庫)

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。ビジネス契約書専門の行…

  3. 書評

    『三省堂国語辞典』『ことば選び実用辞典』

    ビジネス法務コーディネーター®大森靖之です。日頃は、ビジネス契約書専…

  4. ビジネス法務

    Chat GPT

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。ビジネス契約書専門の行…

  5. 書評

    『心理的安全性をつくる言葉55』原田将嗣(飛鳥新社)

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。ビジネス契約書専門の行…

  6. 書評

    『Number』似て非なる名将 落合博満と野村克也

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。日頃は、ビジネス契約書…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご連絡先

行政書士大森法務事務所
home@omoripartners.com
048-814-1241
〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1-B1
▼契約書類作成
▼セミナー講師依頼
(契約書、ビジネス法務、コンプライアンス等)
▼台本作成
(研修動画、ナレーション、ラジオ番組等)

stand.fm「契約書に強くなる!ラジオ」【週2回(水・日)更新】

FM川口「ちょいワルMonday」【毎月第2第4月曜日19:00~生放送】

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP