契約書

「急いで契約書にサインをしてください」の危険性

ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。
ビジネス契約書専門の行政書士(特にIT&クリエイター系の契約書に強い)のほか、コミュニティFM局の構成作家兼パーソナリティとしての活動もさせていただいております。

起業コラム

NPO法人さいたま起業家協議会の起業コラムに
「契約書へのサインを急かされたとき」
をテーマに寄稿しております。
特に
・これから起業しようと検討中の方
・起業して間もない方
のご参考になれば幸いです。

当該「起業コラム」をご覧になるには、以下の画像をクリックしてください。

こちらのコラムについての補足です。

「急かされている」状況では、心理的な圧迫感から、マトモな判断はできません。
特に、4000円の印紙を貼るような継続的取引の基本となる契約書(取引基本契約書、代理店契約書、フランチャイズ契約書等)の場合、「将来にわたって」経営への影響を及ぼす可能性もあることから、契約書にサインするにあたっては慎重に対応していきたいところです。

裏を返せば、「未来永劫、搾取しようと企んでいる相手方(まではいかずとも、将来にわたって自己に有利な契約条件を保持しておきたい相手方)」にとって、「とにかく急いでサインしてください」は、その搾取や保持のための常套句です。

このような「圧」をかけられているシチュエーションにおいては、上述コラムにありますように、
・現時点までで決まっている事項(目的物、金額、納期、数量など)で発注書や注文書を作成する

あるいは、最終的には、
・契約書を取り交わさない(未来永劫搾取されるようなことがないように、目先の利益を獲りに行かない)

といった「オプション」がある、ということを頭の片隅にでもいれておいていただくと、いざという時にお役にたつと思われます。

とりわけ、起業したばかりの方は、起業時に目先の利益を獲りに行ったが為に、不合理かつ理不尽な内容の契約書にサインをさせられ、それが足かせとなって、その後の成長が阻まれているということをしばしば目にします。

「この契約書は怪しい」と思ったら、弊所などの専門家にご相談されることをお勧めします。

本ブログのタイトルにもしましたが『契約書へのサインを急かされたら騙されていると思う』くらいでちょうどよいと、経験則上思います。

音声配信アプリstand.fm「契約書に強くなるラジオ」では、上記についての深掘り解説もしておりますので、より詳しく知りたい方は、こちらもご参照ください。

【トピック】
▼「契約書へのサインを急かされた時の対処法」
▼「契約書に書いてあることは“絶対に“守らなければならない」
▼不合理・理不尽な契約書を無理矢理ゴリ押しされたと訴え出ても、ビジネス契約である限りは誰も取り合ってくれない
▼それでもゴリ押しされそうな場合は
・注文書、発注書、覚書などで最低限の合意をする(トラブルなどが発生したら民法や商法に基づいて処理する)
・契約書の取り交わしを断る(取引しない)
▼最初が肝心
・契約取り交わしの段階から「圧」に屈していては、今後の取引関係においても「圧」をかけられ続ける(良い関係性ではない)
・言うべきことは言う!

▽音声をお聴きになるには、以下をクリックください(音声配信アプリstand.fmへ)。

足下を固め、自分自身を守り、そして、「成し遂げたいこと」や「夢」の実現に近づけるための契約知識について、このブログや、音声配信「契約書に強くなる!ラジオ」でお伝えしていきますので、今後ともご期待、ご支援いただければ幸いです。

「こんなことに困っている!」など、契約書に関するご質問がありましたら、ブログ等で可能な限りお応えしますので、上記「お問い合わせ」より、お気軽にお寄せください。
また、商工会議所などの公的機関や、起業支援機関(あるいは各種専門学校)のご担当者で、
「契約知識」に関するセミナー等の開催をご検討されている方
講師やセミナー企画等の対応も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

最後まで、お読みくださりありがとうございました。

『国民の違和感は9割正しい』堤未果(PHP新書)前のページ

「契約書に強くなる!ラジオ」2024年6月次のページ

関連記事

  1. 契約書

    トラブル防止に契約書が必要な理由

    1.はじめにビジネス法務コーディネーター®大森靖之です。ビジ…

  2. 契約書

    タイトルを「覚書」にすれば効力薄い??

    ~「契約書>覚書」は都市伝説!知らないと大損することもビジネ…

  3. 契約書

    理不尽で不合理な内容の契約書への対策

    ~契約は絶対に守らなければならないもの。だからこその対策ビジ…

  4. ラジオ

    「契約書に強くなる!ラジオ」2023年2月

    ビジネス法務コーディネーター®の大森靖之です。ビジネス契約書専門の行…

  5. 契約書

    お客様に契約書にスムーズにサインしてもらうコツ

    「段取り9割」お客様の漠然とした契約書への不安を解消するには…

  6. 契約書

    「契約書に強くなる」には?

    ビジネス法務コーディネーター®大森靖之です。ビジネス契約書専門(特に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ご連絡先

行政書士大森法務事務所
home@omoripartners.com
048-814-1241
〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1-B1
▼契約書類作成
▼セミナー講師依頼
(契約書、ビジネス法務、コンプライアンス等)
▼台本作成
(研修動画、ナレーション、ラジオ番組等)

stand.fm「契約書に強くなる!ラジオ」【週2回(水・日)更新】

FM川口「ちょいワルMonday」【毎月第2第4月曜日19:00~生放送】

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP